小型焼却炉、バリ出荷 トマス技研  2017年供用開始 廃棄物処理に貢献

小型焼却炉の開発・製造を手掛けるトマス技術研究所(沖縄県うるま市、福富健仁社長)がこのほど、沖縄発の島嶼(とうしょ)環境技術の海外展開として、インドネシア・バリ島向けに小型焼却炉「チリメーサー」と建屋一式を初出荷した。11月中旬にバリ州都にあるワンガヤ市立総合病院に焼却炉を設置し、年明けの2017年供用開始に向けた試運転を始める。

詳細はこちら!

琉球新報

トマス技術研究所

関連記事