デング熱 流行中 2016年6月

  • 2016.6.26

デング熱・デング出血熱の発生地域

当地保健当局によれば、バリ州におけるデング熱の発生について、2016年5月中の感染者数は1700名以上、うち3名が死亡となっています。地域別では、デンパサール市、バドゥン県、ギアニャール県、ブレレン県、カランアッセム県で多く感染者が見られています。感染しないようにするためには、防蚊対策を徹底し、蚊にさされないように注意することが肝要です。

バリ州保健当局によると、昨年のデング熱による死者数は年間で28人だったが、今年は1~4月で既に38人が死亡した。毎年流行のピークは雨期の終わりの3~4月。確認できた感染者数は昨年3月が1494人、同4月が1685人だったのに対し、今年3月は2407人、4月は2735人と大幅に増えた。

詳細はこちら!総領事館からのお知らせ:安全対策情報:6月

デング熱とは?