日系物流企業初 スマラン発の航空自社混載サービスを開始

郵船ロジスティクスは2016年2月24日、インドネシア法人PT. Yusen Logistics Indonesiaでジャワ島中部にあるスマラン空港(アフマド・ヤニ国際空港)発の混載サービスを開始しました。日系物流企業初とな る自社混載サービスにより安価で迅速な輸送サービスを提供するとともに、集荷、通関も含めた輸出オペレーションを自社で一貫手配します。

新サービスにより、スマランに拠点を置くお客様に同地域をベースとした高品質な輸出オペレーションを提供します。これまでジャカルタへ陸送後に手 配されていた航空運送状の発行や通関を全てスマランで行えるようになったことで輸送日数と陸送コストを削減できます。スマランからは、ジャカルタやデンパ サール、シンガポールなどを経由し、世界各地へ輸送します。例えば、スマランの当社指定場所に午後2時までに搬入されれば、翌朝に成田空港へ到着する手配 ができ、お客様の緊急出荷にも柔軟な対応が可能です。

詳細はこちら!

 

関連記事